忍者TOOLS
アクセスカウンター
まっぱしらかば。日誌: 働く

2010年05月18日

クリーンルームに出たり入ったり

クリーンルーム内に出たり入ったりする所為でものすごく手が乾燥している。
一回入るだけで石鹸で2回手を洗い、アルコールで手を2回消毒する。
それを日に何度もやるものだから手がぱっさぱさだ。
今日も10回以上洗い、消毒した・・・・・・

この環境にいれば風邪を引く回数は相当減るだろうなあ。
posted by しらかば at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

マナー研修

マナー研修。
今日一番辛かったことは、身だしなみの項目に「髪をちゃんと毎日セットしているか」というものがあったことです。
項目があるだけならとくに気にはしないのだが、周りを見渡すと僕以外の100名近い全員がみんな髪をいじっているという驚愕の事実が判明した。
さすがに気まずかった。

おい、だれか、髪に糊をそれっぽく付ける方法を教えてくれ。
もしくは髪をいじらねばならないという、今の世の中の先入観を変えてくれ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

笛を吹いて、看板を片付けるバイト

今日は笛を吹いて、選手の立つ舞台の周りにある柵を押さえるバイト。
ついでにスポーツ観戦もした。
昨日と違い、今日は特に何も見るものがなかったのでぼんやりとしていた。
と思ったがビール売りのことがあった。
ミニスカートをはいて、ビール樽をしょってスタンドを練り歩く例のビール売りだ。
客に見せるものがスポーツであるから基本的に男の客の方が多いわけだ。
それなのに少数いる、男のビール売り。
どう考えても客はおっちゃんばっかりなので、わざわざ男から買う物好きは少ない。
みんな同じだけの給料なのだろうか?
気になったので、バイトのチーフや社員さんがいないところで聞いてみた。
女のビール売りは布面積が小さく恥ずかしいので、もちろん男のビール売りにな。
聞いてみたところ、出来高らしい。
なんて、惨い・・・・・・

試合終了間際は、指の間に札をいっぱい挟んでいる女ビール売りと、指の間に風になびく程度の数枚の札を挟んでいる男ビール売りの対比が目に付き泣きそうになった。
可哀想に・・・・・・
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

重い門の開け閉めのバイト

今日はバイトだった。
仕事は屋外の重い門を関係者が来たら開け閉めすることだった。
嘘のような本当の仕事だ。
このイベントは大きいものだったので着ぐるみ達がいたりして客へのサービスに余念がない。
主に僕が重い門の隣から見ていたのは着ぐるみ達だ。
狂喜乱舞した子供達とじゃれてる様には中々考えさせられるものがあった。
今までじっくりと着ぐるみを見る機会がなくて気がつかなかったのだが、着ぐるみ達のお行動、仕草を見ていると巧みの技が垣間見られる。
何種類かマスコットキャラクターがいたのだが、全て歩き方、性格も違う。
行動一つ一つを魅せることが出来ている。
素直にすごい、と思った。
劇やらそういった行動が全て決まっている事をやっているわけではないのだ。
完全に台本のない世界に放り出され、人にどんな注文を与えられようともアドリブで自分がそのマスコットキャラクターになりきることが出来る。
しかもだ、自分一人で完結しないのだ。
あるマスコットキャラクターが違うマスコットキャラクターを呼び、着ぐるみはしゃべれないから、身振り手振りや雰囲気で合図を送り今がどういう状況か、客が何を望んでいるかを教え、連携して客を楽しませる。
すごい芸ではないか。
テレビで見る大根役者なんか目ではない。
これだけ素晴らしい芸だが、中の人が有名になれない矛盾も何だか良い。
極めて極めて凄い高みに至っても、有名になれない唯一の職業ではないだろうか。

これから着ぐるみを見つけたら注意深く見ることにしよう。
皆さんも注目してみて下さい。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

久しぶりのバイトに

久しぶりのバイトを入れた。が、あれだ。
考えれば考えるほど面倒くさい!嫌だ!
いや、わかってはいるんだ!旅のため必要だって事くらい!

僕のバイトは派遣なわけだ。
毎回毎回違う場所で、違うお客様を相手に、違う仕事をする。
行く度に新しいことを覚えなきゃならないことが苦痛なのだ。
コンビニとか、本屋とか一週間もつとめればきっとルーチン化出来るんだろう。
だが、この派遣バイトはそんなことは一切できない。
大きなイベントが行われる、大きな会場にマップひとつで放り出されることを考えてくれ。
自分はトイレの場所さえ、自分がいる場所さえ知らないのだ。
そんな状態でお客様に声を掛けられたら・・・・・・
新天地で、そんな胃のしゅくしゅくなるプレッシャーが毎回かけられるんだ。
それがかなり僕にバイトを入れさせることを拒ませている。

持論だが、人間なんて気の持ちようでどうにでもなる。
なのでこれを克服するためにどういう考え方をすれば良いか考えた。

・場所は違えど客は大まかにいえば一種類
人類のみ!

・僕が駄目でも、偉い人を連れてくれば何とかなる
「日雇いのバイトなんで・・・・・・」は最強の逃げ言葉!

なーんだ、ハハ。
楽勝じゃん。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

久々バイト。

今日は久しぶりにバイトをした。
やったのはサッカー場の駐車場の交通整理。
天気が良く、風も適度に吹いていてまさにバイト日和という感じだった。
7時から20時までの過酷な労働のはずだったが天気やら、配置場所やらの好条件が重なりいつものようにべらぼうに辛くはなかった。
おまけに客層も良くいつもの如く愚痴を言うことも無い。
よって、特に語るべきことも無い。
僕はある種、ネタを求めてバイトに赴いている節があるのだが・・・・・・
今回はバイトで初の当たりを引いたらしい。
珍しいこともあるものだ。



今年67冊目の小説『鼠たちの戦争(下)』読んだ。
あのビッチさえいなければ・・・・・・男同士の戦いに女は不要なのだよッ!
しかし、全体的にはとても良かった。
僕ヒ★★★★★
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

某フェスタバイト 二日目

18時間拘束の某フェスタバイトの二日目。

今日は雨のなか延々と外の巡回で寒くて死にそうだった。
靴の中に水が染みてきてからは異様にやる気がなくなる。
その上、今日も音楽のイベントがあったので色黒脱色茶髪のがらのわるいヤングが僕に道をいちいち尋ねる。
僕は面倒なので知らんの一点張り。
うちのイベントの客じゃないから相手をする義理などないのだ。

あいつらの馬鹿さはホントに凄い。
例えば『はぁ?○○○○フェスタ?ジャンプの駅?』
どうやら、やつらは フェスタ=駅 だと思ってるらしい。
こんな感じの頭に蛆がわいて腐って液化して音楽を爆音で聴いて破れた鼓膜の隙間から半分以上流れ出てるとしか思えない様々な珍妙な発言があった。
その上、そんな頭が胴体に乗っているからか珍妙な行動も多々あった。
飾ってあった模型にドロップキックだとか、うちの客を雨宿りさせるために開放した通路に入ってきて客にからんだり、その雨宿りできるところから出て行くのが嫌だから『あーいたた、足がいてぇ』とか多人数で言い始め座り込み、注意すると『あ?うっせぇよ。○○○○フェスタなんか潰れていいからいさせろよ。』だの。


僕がイベント設営のバイトを始めて思ったことがある。
ある種類の音楽は人を本当に駄目にするのではないかということである。
明らかに徹夜しているオタクの皆様に比べると何処の先住民ですか?というほどガラも聞き分けも頭も悪い。
きっと、頭蓋の中に爆音が反響し脳の中の人間として大事な部分を破壊しているのだな。
そんなことを考えた。
いや、頭のいい人もいるかもしれませんよ?
僕は終ぞ合うことができませんでしたがね。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

某フェスタバイト 一日目

18時間拘束の某フェスタバイトの一日目。
学校から直で行く。
時間潰しにうっひょーと重ね着くん(仮名)で『勇者のくせになまいきだ』をやる。
養分って超重要。
僕はコケのように縁の下の力持ちになりたいと思ったよ。
このゲームのおかげで仮眠が取れなかったがそれもまたおもしろいので良し。

電車の時間がわるくバイト会場入り口で20分待つ。
この20分が先ず最初の地獄だった。
なんと、某フェスタと同時にお洒落な音楽ステーションの収録があったらしく出待ちの頭の軽いギャルが関係者では入り口に山のようにいたのだ。
ホモ?だのキモーイだのそんな感じのひそひそ声が僕たちバイト君に延々と20分突き刺さる。
耐える、ただひたすら聞こえてないように装いつつ耐える。
しかし、中に入る時の優越感ときたらなかったねッ!
さっきまでの小動物然とした態度を一変。
見よッ!この威風堂々とした力強い歩みをッ!
周りのギャル共は皆ポカーンですよ。

バイト本編では頭悪いチーフに腹が立ったのと暇なので流しちゃいけない情報を流しに流した。
「徹夜禁止ですが実はあそこに並んでいたら何時間も早く入れますよ」とか、「今は〜人並んでるようですよ」とか。
相変わらず徹夜している人は7割がた女性だった。
少年誌のはずだけどな。
いっそ、少年をとったら良いんじゃないか・・・ハッ!

もしかして、若い人という意味の少年だったのでは!?

なるほど、そういうことだったのか。
きっと、違うけどねー

今日は死ぬほど疲れた以外は特に何の事件もなく終わった。
明日はひと悶着起こってくれねぇかなぁそうすればとても面白いんだが。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

無茶だよ、しらかばさん

無茶バイト入れた。
いや、意図して入れたって言うか結果としてなったというか・・・・・・
入れたバイトは某週間少年誌フェスタの深夜組みに対応するバイト。
無茶がしたいとかいったが実際半分冗談だった。
今回入れた跳躍フェスタも『金が稼げればいいかー』見たいな軽いのりでいれた。
入れる旨のことを伝えた電話を切って数時間たった後に集合時刻とかを走り書きしたメモを見たらこう、なんか嫌な予感がした。
チラッと見えただけでなにか嫌な予感がすることってあるだろ?
言語では理解していないんだが、脳で理解したみたいな感じ。
それで再びそれに目を向けて見ると予感的中、お先真っ暗、悲歌慷慨みたいな。
それが今回の無茶バイトを初めて認識したときだった。
走り書きにはこのような旨のことが書いてあった。

21日 16:00〜10:00

22日 16:00〜10:00

ちなみにこのバイトは徹夜組に対応するバイトだ。
つまり、10:00って言うのは次の日の午前10時でありこの日の午後10時ではない。

おやおや?

バイト先を10:00に出たとして僕は何時に家につけるんだ?
バイト先に16:00到着として僕は何時に家をでるんだ?
ていうか、睡眠時間ってどうなるのよ?
まてまて、その前に18時間拘束って?

そんなこんなで毎年恒例無茶バイト・・・・・・

祝・決定ッ!
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

某サッカー場の椅子拭き

今日は某サッカー場の椅子拭きのバイト行きました。
そこで…

haikyokouzyou.jpg

よい廃墟見つけた。
解体業者がいない休日にでも今度行ってみよう。


バイトのほうは楽…ではなかったが死ぬほどではなかった。
しかし、椅子拭きのバイトはもう二度と行きません。
7人で蘇我の某サッカー場の椅子を全部拭くとか正気の沙汰じゃないから!
もう、一日で椅子拭きのプロだよ!
椅子の拭き方にも人の個性が出ます。
周りをうまくふけてない人、真ん中だけ拭けてない人、様々多種多様。
因みに僕は真ん中だけ拭けていない人に属していた。
どうしてもスピードを出すと、こう円を書くように拭くので真ん中が数センチ残る。
まあ、途中で空が曇ってきたので埃が見えなくなって難なく注意されること無く終わったがね。


後、ここで椅子拭きするかもしれないやつに隠し情報をお教えしよう!
障害者用トイレには石鹸がある!!
これはとても重要なことですよ。
何故ならこのバイト後、かつて無いほどに手が汚れるから。
まるで部活後の土くさーい野球部の手ですよ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

久しぶりバイツ

今日は久しぶりバイツ。
花火の後片付け。
お、面白そうじゃないかとか思って入れた。
でも、

正直やらなければよかった

「あ、あんな危険なバイトやるなんて!」
とか、ボイスが言ってたから花火打ち上げた後に残る残骸とかの片づけかと思ってた。
でも、違った。
ゴミの片づけだった。
まあ、ただのゴミの片づけならいくらでもやろう。
空き缶拾い?ボランティアでやってやる。
でも、

祭りの後のゴミだけは勘弁だ

生ゴミしかない。
しかも、最近のモラルのない若者はゴミの分別とかしないから生ゴミの中から手探りで缶やら瓶やらペットボトルやらを抜いていく。
こんな作業をやるにかかわらず事前に渡された武器は…

布の軍手

がんがん染みるよ、装着してる意味ないよ。
正直ドラクエの主人公でもこんな酷い装備じゃないと思うんだ。
だって、ドラクエの主人公は素手でスライム撲殺しないじゃないか。
こちとらスライムどころじゃないよ。

生ゴミや紙おむつやテキヤが残してったびちゃびちゃの小麦粉だよ?

中身の入ったビールとかが垂れ流しだよ?

しかも、開始時刻朝6時。
しかも、炎天下。
もう、生ゴミの日陰で涼む、安息などゴメンです。
ここは発展途上国かッ!


Ps.バイト終わった後の僕は生ゴミ臭+汗臭で大層くさかったと思われる。エンガチョ。でも、正直自分では鼻が馬鹿になってたのでわからなかった。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

球場バイト。

ボイスに騙されて…球場バイト。
まあ、楽だったが…

休憩が2回しかないってどうよ?

人数不足だとかいってチーフの野郎がウチの配置の人をスンごい奮発していろんな場所の配置にまわしてたからいけないんだ。
その上、延長12回とか…地獄だよ。
僕に何の恨みがあって同点のヒットとか打つんだよ。
てか、野球って絶対起源をたどると貴族の遊びかなんかだよな。
自分の打ったボールを自分でとりに行かなくて良い…ってところから推測するとだが。
調べるほど野球を愛していないので推測の域をでないが。

まあ、すげぇ労働基準法違反だったから終電が10時といって速攻帰った。


Ps.千葉ロッテマリーンズのマスコットのピンクの方の名前が…

  ゴスロリーンちゃん

  だということに驚愕した。
一般募集から選ばれた名前なのだろうか…
名付けた御人のネーミングセンスに脱帽です。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

バイトの日々〜5連荘の地獄〜終焉。

今日は地獄な日々の終焉。
大変だった。
兎に角、大変だった。
そういや、今日従姉弟の姉の方が婚約者を連れてくる日だったな…
まあ、顔を出せないのでしょうがない。

何だかバイトの配置とか時間とかでボイスに腹が立ったので新年のカウントダウンで0000時になったとききっかりにボイスの横っ面に一撃叩き込んでやりました。
ふ、これでもう今年はボイスに勝ったも同然だな。

ああ、そうそうakeome。
今年もよろしゅー
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

バイトの日々〜5連荘の地獄〜4日目。

今日も0500時に起床…は出来なかった。
ので、親をたたき起こして車で送ってもらう。
すまん、母(昨日の焼き増し)

今日も昨日と同じ配置らしい。
また萎える。
さて、今日はオタクと歌手のファンの違いについて考えた。
こういう、歌手のファン共はオタクをキモイキモイとぬかしやがる。
だが、全くこの音楽のイベントはオタクイベントとなにが違うというのだろうか?
歌手のファンは高い金出して歌手やグッツを目当てに集まり、歌手のグッツやティーシャツを買い、ライブのことについてキャピキャピはなす。
オタクは声優やグッツを目当てに集まり、グッツを買い、そのことについてぼそぼそはなす。
まったく何が違うのだろうか?
僕的に歌手のファンは日常的に歌手の名前が書いてあるティーシャツを喜んで着てる分、こっちの方がやばいと思うのだが…
2次元が手の届かない次元の話だからとか言う人もいるが、歌手なんかは更に手の届かない次元であることに気づかないのだろうか?
歌手なんかは性格をつくっているやつが多いことも気づかないのだろうか?
とか、こんなことを考えてた。

今日は年越しのやつで終電に間に合わなく漫画喫茶に泊まる予定だったが何とか帰れてよかった。
何故、帰れることになったのか不明だがよしとしよう。


P.s.これから僕は音楽ファンのことをキモイキモイといって生きて行くことを誓ったしだいである。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

バイトの日々〜5連荘の地獄〜3日目。

今日は0500時に起床…は出来なかった。
ので、親をたたき起こして車で送ってもらう。
すまん、母。
今日も昨日と同じ配置らしい。
萎える。
だが、昨日より厚着してきたので寒さは大丈夫だ。
そういや、僕の配置場所は楽屋前扉なので出演した芸能人を見て、しかも話しているはずなのだが…

どれが芸能人だかわからない。

こいつらオーラなさ過ぎ。
全く、一目見て天皇陛下とわかる天皇陛下を見習ってほしいオーラのなさ。
天皇陛下はすげー神々しいオーラが出てるんだよ?鳥肌が立つくらい。
それに比べこいつらは駄目だ。
俗物過ぎる。
全くキャピキャピはしゃぎ&話やがって。
まあ、俗物だからいいけどね。
どいつがそうだったかわからなかったがスネオヘアーのワルツを生で聞いた。
多少、儲けた気がした。


P.s.伊藤静様に会ったときのほうが数倍うれしかったですけど?何か?
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

バイトの日々〜5連荘の地獄〜2日目。

今日から幕張メッセでのカウントダウンライブのカウントダウンジャパンの仕事。
昨日のバイトがあったがなんとか0500時に起床できた。
僕の配置は楽屋前と関係者用玄関だった。
こんな寒空の中、泣けることに両方外。
しかも、話す相手もいない一人での配置。
僕の友は支給された防寒具『冬の主役』のみ。
冬の主役の下はランニング用の防水ジャージ(冬用)だけ。
寒い、非常に寒い。
戦車に竹やり装備で突っ込むが如く愚行。
屋内だろうと高をくくっていたのが裏目に出た。
だが、最大の敵は寒さではない。

兎に角、暇なことである。

最初の3時間ぐらいは色々考えるネタがあったのだが流石に尽きた。
尽きた後はひたすらマブオルタのストーリーを走馬灯のように思い出していた。
最後の方を思い出すと今でも泣ける事を再確認。
ああ、僕は今でもオルタを愛しているのだな…。
と認知した後は流石に満足した。
おなかいっぱいである。

次は考えるということについて考えた。
なかなか、哲学的でいい脳内議題である。
で、何となく議題の中身↓

人と他の生物や物との違いは深く考えることである。
つまり、考えることのみが人間の武器なのである。
雷が落ち燃えている木々を見て"考え"、火という人類最初の発明を生み出し、
相手に意思疎通がしたいと"考え"、言葉というものを発明し、
自分達が"考えた"事を後世に正確に伝えたいと"考え"人類最大の発明である文字を発明した…。
特にこの中で文字というのは重要な発明だ。
何故か?
生物は死ぬとそれまで保有していた情報一切を失うからである。
この偉大な文字という発明が今の僕らの考えるということの根幹なのだ。
文字がありこれを伝えるすべがあるから今の僕らは絶対に失敗する無駄なことを試したりしなくてすんでいるのである。
体機能が昔と変わらないのに昔の人より優れているのは文字があったからなのである。
このように考えるということは人間であるための根幹にありとても重要なことなのである。
だが実際、考えるというのは非常に億劫なことである。
出来ることや出来ないことの中から答えを探す行為であるからである。
出来ない無駄なことを考えてるかもしれないからである。
では、出来ることなら考えることを他のものにやらしたい。
だが、考えることは一秒に何兆、何億回と計算できるコンピューターにすら出来ない。
それは何故か?
YesとNoで判別できない事柄だからである。
曖昧なことを考えるということがコンピューターには出来ないからである。
つまり、好き、普通、嫌いの普通ということがわからないからだ。
この普通という曖昧な事柄が人間の技術を進歩させてきたのである。
普通と考えることってすげー

↑みたいたことを延々と考えてた。


P.s.今日一番許せないのは言いだしっぺのボイスが僕より何時間も遅い集合時間だったことと明日の集合が予定より1時間30分早まったことです。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

バイトの日々〜5連荘の地獄〜開幕。

えー今日から翌年1日までバイトが修羅ばります。
今日はコンサート後の撤去。
ボイスがいけしゃあしゃあとほのめかしていたので入れた。
まあ、このバイトは楽勝だったんだ。
ただ…
明日五時起きなのに2400時を越すまでやるとは…
おかげで帰ったり風呂はいったり飯食ったりしているうちに睡眠時間があっという間に削られ2時間ぐらいしか寝れない感じに。


P.s.ビジュアル系バンドって見た目だけバンドって意味だよね?格好だけで技術がともなってないバンドのことだよね?
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

ジャンプフェスタの裏。

前日17時から今日の8時までジャンプフェスタの裏方やった。
今日の1時まではただ幕張メッセ敷地内で並ぼうとしている輩を片っ端から追い出して歩いているだけ(実はジャンプフェスタは敷地内での徹夜禁止)
でも、2日目だからなのか追い出すべき人は一人もいなかったです。
だからただ同じ配置の人としゃべってるだけ。
その上、40分働き40分休みなかんじですげーウマー
バイトの人もあんまりいないので控え室でもやり放題。
僕は弁当4個なんだかあったカップラーメン2個を食ったりしました。

で、終電が行ってしまった1時からは徹夜組の人の身の安全を守るという建前の誘導。
この徹夜組は頭いい。
幕張メッセ敷地内での徹夜行為禁止だから幕張メッセにつながってる遊歩道に並んでる。
毎年、こっちが誘導しなくても同じところに並んでるらしい。
幕張メッセのジャンプフェスタ第1回目からの伝統らしい。
それにしてもどうせ身の安全を守るという建前でメッセ内に引き込むんだからジャンプフェスタ側も徹夜禁止にしなくてもいいだろうに…
全く非効率で矛盾したシステムですよ。
で、驚きなのがこの徹夜組の男女比。

女子が80%

ほとんどみんな女子。
娘っこ一人で深夜歩かせるなんて…
全く親御さんはどんな教育をしているのやら。
そうして、もう一つ驚いたのはコスプレイヤーの方の塊魂の王子のコスプレ。
めっちゃ力入ってた。
あの頭はかぶってみたかった。
絶対重いだろうが…

で、これやったら仕事は9割がた終わり。
後はただ話しながら立ってるだけだった。
本気で楽だった。
みんな来ればよかったのに…



P.s.給料と同等に良かったと思ったのは生の伊藤静様を見ることができたことでした。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

今日は5時からバイト。

今日は夕方5時からジャンプフェスタの徹夜バイト。
夜の徹夜組の誘導だけで15000円のおいしいバイト。
なんだか楽そうなので入れてみた。
ボイス、特攻隊長に連絡を入れたが…
特攻隊帳はめんどくさいといって来ず。

ボイスに関してはシカト…

全く、たまにはみんなして語ろうじゃないかよ。

よって今日は独りで行ってくるよ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

久々、バイト

今日は久しぶりのバイト。
ボイスや特攻隊長と一緒に小林なんたらのコンサートの後片付け。
20人ちょっとで千にとどきそうなほどの椅子を片付けた後、舞台や照明などもバイトなんか人間と思っていない小林なんたらスタッフの指示(もち怒号で)で片付け。

『ヘルメットつけてない馬鹿はこれでももってろ』

には切れそうになった。
何より腹がたったのは伊豆の泊り込みバイトの時のヒドイ上司であるデブメガネがいたことだ。
あいつは大阪の支部のやつだと思ったのに!
どんな感じかというとまさしく権力を持った小物って感じ。
どれほど嫌なやつか、具体的な例を挙げると、

「ちょっとそこ引っ張って!」

って言ったすぐ後に

「なに引っ張ってんだ!?」

で、引っ張るのを大人しくやめるとそのすぐ後に

「クズ!早く引っ張れよ!!」

こんな理不尽極まりない台詞が日常的に出てくろデブメガネ。
勿論、同僚にも嫌われています。
今日のバイトの説明をしてくれてシートの巻き方を丁寧に教えてくれたやさしい上司たちも伊豆の泊まり込みバイトの時に「えぇ!これも説明されてないの!?あいつは本当に何やってんだよ使えねぇ!!」という愚痴を言うほどです。
次のバイトの時には当たらないように…それだけが僕の望みです。

小林なんたらも片付け手伝えや!!
お前が使ったステージだろうが!!
つうか、僕はお前のステージ以上に働いた!!
これでお前の給料がウン百万で僕の給料が4400円なんて理不尽だ!!
つうか、ステージなくても歌なんて歌えるだろうが!!
歌手だったら視覚効果に頼るな!

自分の!

自前の!!

歌声をもって!!

観客を楽しませてみろ!!!


P.s.二階のカメラ(?)を運んだ時のスタッフはとても優しくてよかった。「これ重いからね。腰に気をつけてもってね。腰壊すと一生が台無しだよ〜」には目頭が熱くなった。久々に人間として扱われた気がした。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 働く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。