忍者TOOLS
アクセスカウンター
まっぱしらかば。日誌: テレビ

2008年09月28日

コードギアス 反逆のルルーシュR2の25話とか

コードギアスは良かった。
結末は予想出来ていたが良かった。
ブラスレイターは糞だった。
結末は予想出来ていなかったが糞だった。
この二つの共通点は主要な人物がガンガン死んでいく事だ。
キャラクターの死とは一つの大きな見せ場である。
前者はこれを効率的に生かすことができ、後者はこれを生かすことが出来なかった。
死ぬ場面を生かすことが出来るか出来ないか。
ここが戦闘ものの名作か否かの大きな差だろう。
それにしても、“死にかた”を生かすとは面白い。

――以下、若干のネタバレを含むかも――

とりあえず、この二つの例から制作者側から見た良い殺し方を考えてみた。
一つ、死亡フラグを立てずに殺すこと。
これは重要。
受け取る側に心の準備をさせない。
それにより、より強いインパクトを与えることが出来る。
二つ、いい奴を殺す。
魅力のあるキャラクターに受け取る側は共感する。
悪側でも不幸な生い立ちの過程に悪になったキャラは、善側のキャラよりも同情を得られやすい要に感じる。
しかし、魅力のあるキャラを急ごしらえに作ってはいけない。
例はブラスレイター。
しらけるにも程がある。
三つ、死ぬときの演出。
媒介が映像だったら走馬燈も良いかもと今回思った。
死ぬキャラの生きてきた激動の戦場などの場面ではなく、何気ない日常を映すと効果がある様な気がする。
例はコードギアス。
走馬燈にシャーリーが映るとか良くやるな、エグイ演出だ。
これもコードギアスだが、死ぬときの演出として最後のブリタニアの国旗を汚しつつ落ちたところも良かった。
一部以外は狂喜乱舞しているところの局地的な悲しみ、没落と破滅。
あの対比がたまらなかった。
四つ、生き返らせないこと。
死にました、実は生きてました。
これを使った作品は以後、キャラの死を効果的に見せることが出来なくなるので避けた方が良いかもしれない。

それにしても考えるほどブラスレイターは糞だった。
構成が虚淵玄っていうのは本当なのか?
虚淵玄は映像が専門じゃないからな・・・・・・
文字だったら足りたけど、映像にすると足りないみたいな事か。
確かにブラスレイターは媒介を小説にして足りない場面を補強すれば面白くなりそうではある。

――以下、完全にネタバレ。反転して見てください――
注:最終回を見終わった後の高ぶった状態で見られると怒りにおそわれるかもしれません。自己責任でお願いします。

コードギアス、ゼーガペインに届かないまでも面白かった。
あの終わり方はとても良い。
僕が大好物の終わり方だった。
しかし、なんか世界系エロゲの終わり方を彷彿とさせるんだよなあ。
まあ、どちらにしろ大好物だ。
ただ、ラストのCCが馬車に乗ってるところを邪推しているやつが多くて気持ちが良くないので反論させていただく。
実はルルーシュが生きていてCCが乗っている荷馬車の御者であるというものだ。
確かに、CCが不死になるコードをルルーシュに渡して死なない様にしているとも考えられなくもない。
現にCCは「なあ、ルルーシュ」のところで瞳を御者の方に動かしている様に見える。
制作者側も意図して作っているのだろう。
だが、待てよ、ふざけんな。
制作者側が許しても僕が許さない。
うざく無くなったスザク、CC、カレンの悲しみが嘘になってしまう。
あの一話からの決め台詞「討(撃)って良いのは、討(撃)たれる覚悟のある奴だけだ」すら嘘になる。
我らが主人公ルルーシュが討たれる覚悟もなく、これからのこと全てをスザクに押しつけ一線を退いてCCと隠居するとでも?
確かにバットエンド至上主義の僕であるから、みんながみんなハッピーになる結末は望んでいない。
だがな、ルルーシュが死んだということは譲れない。
死ななければあのアニメは完成しない。
自分が犠牲になっても大切なものを守るというのがコンセプトだったはずだ。
更に言うなれば、超ド級シスコンが最後にしてようやくその旨を妹に告白し成就する物語なんだ!
CCと愛の逃避行だと!
貴様!ちょっと表に出ろ!
貴様はルルーシュについて何もわかっちゃいない!
ルルーシュはそんなものに行くはずが無いのだ!
何度でも言うぞ!
この物語は、シスコン兄の愛が国取り等の“取るに足らない出来事”の後、ブラコン妹に届く物語なんだ!
いやあ、極限まで逝った変態の愛は美しいなあ!


いや、ごめんなさい!
石を投げないで下さい!
最後の一文だけ嘘です!
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

なんのCMかわからないけど

なんのCMかわからないけど、ミラバケッソ言ってるCMのアルパカが可愛い。
無駄に毛がさらさらなのが良い。
これを見て思ったのだけれども、羊も毛に櫛を通せばさらさらになったりするのだろうか?
なるとしたら、僕の羊に対する価値観を変えなければならないだろう。


全く関係ないけど、羊、毛、って漢字微妙に似てるよね。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

スポーツの実況者

弟やら、父やらが僕にとって楽しくも何ともないスポーツを観戦している様をその部屋を通るときにチラと見る。
そのスポーツではいつも「はいったああああああああ!」とか「日本先制ッ!」とか実況者が吠えている。
・・・・・・あれって、全部のスポーツを一人でやってたりしないよな?
いや、単に量、聞いていないだけだと思うのだけれど、僕の駄目絶対音感が多人数だと反応しないので・・・・・・まさかということもあるかと思って。

一人だったら凄いな。
全てのテレビでやるスポーツのルールから選手までを網羅し、更に臨機応変にしゃべる。
僕なんぞ、野球、サッカーのルールすら完璧には知らない。
人の名前に限っては同じ研究室の仲間の名前すら完璧に言えない。
世の中には凄い才能を持っている人が居るのだなぁ。




今年79冊目の本、開高健著『ベトナム戦記』読んだ。
読んで覚えたベトナム語は「チョーヨーイ」
ベトナムという国に興味を覚える。
僕ヒ★★★★☆
posted by しらかば at 00:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

『妄想代理人』見た

『妄想代理人』見た。
全体を通せば「んーまぁ、普通?」って感じなんだけど。

8話が凄く良い

8話だけがずば抜けてる。
的確に表現する言葉がないが無理に表現するとすれば、『インモラルなジブリ』って感じ。
心がホッコリです。
あんな心温まる終わり方は久しぶりでした(ぇ
タグ:妄想代理人
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

コードギアスR2始まったね

コードギアスR2始まったね。
微妙な時間帯過ぎて見逃しそうになったよ。
正直、5時とかどうなんだ?
コードギアスには微グロと微エロが必要だと思うのだ。
5時とかだと本気出せないだろうに。
まあ、感想とかは苦手なのとネタばれするのが嫌いだから省くけれども、最初のさわやかさでなんか違う番組に迷い込んだと思った。
時間軸あってる? え?パラレル? って感じだった。
気になるところはOPで無駄に〜専用って感じのロボをチラチラ見せているところと、ロボが空飛びそうなことだな。
今まで少ないロボでやりくりしてたからなんか世界観が壊れそうで怖い。
後、空を飛ぶとアクションが大味になっていけないと思うのです。
しかしながら久しぶりに見るアニメが出来て嬉しいです。
まあ、コードギアスについてはそんな感じ。





そういえば、今日で休みも終わり。
この休みで手にいてたのは体脂肪率一桁の体と微妙で雑多な経験の数々。
中々に有意義だったと自負している。
ただ、心残りなのは例のブツが完成しなかったこと。
しかし、やってやるので楽しみにしているように。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

『戦闘妖精雪風』見た

休み初日。
『戦闘妖精雪風』見た。
GONZOにしては異常なほど仕事してたね。

原作から入った人にとっては突っ込みどころ満載な感じ。
一番許せないのはブッカー少佐の顔。
僕の小説版のイメージのブッカー少佐はブラックラグーンのダッチなんだが・・・
いつの間にこんなイケメンのあんちゃんになったのだろう・・・
そこが違和感。
後、Gとかに関しての事柄が・・・
うん、まぁ動きがあったほうがおもしろいからねッ!(汗)
原作では脾臓破裂だった機動とかそういう機動もお手の物なんだよねッ!(哭)

まあ、そんな感じの連休初日。
リミットはまだ4日もあるからな。
大丈夫、大丈夫。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

精霊の守り人見た

『精霊の守り人』見た。
とても、良かった。
世界観も悪くない。
そして、ジグロとバルサかっこよい。
微妙に笑えたところとしては「親に刃物むけるとはどういう了見だい」ってとこと、男でしかも子供なのに出産を経験したかのようなチャグムの表情ツボった。
2つともシリアスな場面なのにな。
後、特徴としては悉くフラグっぽいものを踏み倒していく。
第一王子の鳥然り、鍛冶屋が打ってくれたすげぇ短槍然り。
普通、鳥を最後のアレでつかって、短槍もアレを倒すのに使えると思うだろう?
まあ、脳内補完ということか。
面白かったので小説の方も追いかけてみることにする。

僕ヒ★★★★★
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

REIDEENみた

REIDEEN見た。
とてもおもしろかった。
スーパーロボット系のやつはパワーインフラに成れば成る程、燃える性質なので。
荒唐無稽なトンデモ展開が僕を無尽蔵に熱くする。
しかし、人間がパワーインフラ気味に成るものは非常に冷める。
代表例をあげると竜某ル。
アレは冷めた。
子供心ながら『これはおかしいよなぁ』と思いつつ見てた。
なんか、人間の強さって明らかに限界があるから納得いかないんだよね。
その点、スパロボ系は人間が強くなるんじゃなくて人間が操縦するものが強くなるっていうのでワンクッション置いてるからどうにか納得できる。
そこに未知の技術ーとか入ってくると『成る程、未知の技術…それならこの強さも納得です』と納得せざるおえない。
これが大きなお友達がスーパーロボット系のもので熱く燃える理由だと思うのだがどうだろうか。

ていうか、星川さんが頼りに成りすぎます。
かっこよい。

僕ヒ★★★★星川
  
星川さん分で+1…やったねッ!


Ps.バイトがどうので学校近くの水族館に行った。しかし、あれは酷い。
タグ:REIDEEN
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

テッカマンブレードUとDETONATORオーガン見た

テッカマンブレードUとDETONATORオーガン見た。
なんかもう最近見たアニメの組み合わせではスパロボWを買うしかなくなってきた。
つうか、買いますそのうち。
とりあえずテッカマンブレードUは酷いことこの上なかったがオーガンは面白かった。

鉄火U  僕ヒ★★☆☆☆
オーガン 僕ヒ★★★★☆

後、台風が行ってしまいましたね…
台風の中の犬の散歩ほど乙なものはないというのに…
まあ、大雨のなか無理やり連れ出されるウチの犬にとっては喜ばしいことかもしれないけどな…

後々、整体に久しぶりに行った。
どうやら体がおかしなことになっているらしい。
右足の方が短いのに肩は右の方が下がってて腰は左が上がってるらしい。
姿勢に気をつけろといわれてもどう気をつければいいのか全くとうもく見当がつかない。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

テッカマンブレード見終わった。

テッカマンブレード見終わった。
まあ、熱くて面白かったのだが…
作画崩壊がところどころ酷かった…
後、話がつまったら何でもDボゥイの

「ぬぅおわあぁぁああああ」
(我ながらあの叫びの特徴を的確にとらえているぜ)

って叫びで切り抜けるのはよした方がいいと思うんだ。
シナリオライターさんの頭が弱いと思われると思うんだ。
そして、林水会長閣下の声の人があんな声をやっていたなんてしらなくて驚きを隠せないんだ。

僕ヒ★★★☆☆

Ps.でも、僕の熱さの最高はデモベが不動の一位なのは相変わらず変わらないんだ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

トップをねらえ!見た。

トップをねらえ!見た。

非常に面白かった。

でも、時間のことが気になって仕方がない。
俗に言ううらしま効果だ。
たとえば…ネタばれだから詳しくは言わないがラストのアレとか…
僕の貧相な雑学知識だと、うる覚えで2つのことが思い出される。
『光速に近くなればなるほど時間の進みが遅くなる』と『重力の強いところだと時間の進みが遅くなる』ってのだ(自信ないけど)
ラストのアレの説明としてはブラックホールのような恐ろしいほど強力な重力の中心になってのとその反動でなんかの力が働いて光速を越える早さを出してその相乗効果であったということで良いのか?
他にもエーテルとか言ってたがエーテルって確か真空が発見される前の時代に宇宙を埋めてると考えられている物質じゃなかったっけ?(これもうる覚え)

詳しい人、教えてくれッ!

あと、今日はUFO記念日だそうだ。
今度はタイミングがいいな(何が



後、面白いか否かが伝わらないとのことこうえないらしいので何となく今回から★で僕的ヒット度を表して行こうと思う。

★×5 MAXお勧め、僕と感性が近いと思う輩は試せ!
★×4 面白い。勧めても良いかな?
★×3 可もなく不可もなく。
★×2 つまらない。勧めない。
★×1 費やす時間の無駄。
★×0 MAX詰まらない、作ったヤツとか書いたヤツ死ね。

てな感じにディバイドする。
多分★×4から★×2に多く分布すると思う。
今までのも暇があったらやっておくよ。
(注意:あくまで当社比なのであしからず)


んで、トップをねらえ!の僕的ヒット度

★★★★☆

Ps. ようやく一般的な紹介っぽくなってきたな。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

ガオガイガー視聴終了

ガオガイガー視聴終了。
今更だが35話くらいでガオガイガーの左右の腕の形状が違うことにようやく気がついた。
どんだけ注意力がないんだよ…

自分、本編には出てないジェネシック、ガオファイガーの次にキングジェイダーが好きなのだが彼の技が地味なのが酷く残念でした。
ヘル&ヘブン並みの派手な技を希望です。


Ps.ボイスありがとうございました。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

ガオガイガー視聴中

進行形でガオガイガー視聴中。
全てが勇気でどうにかなってしまうこの世界はある意味新しいと思った。
とりあえずこれを見てしまうと一日中、いや、夢の中まで檜山の絶叫がこだますることになること請合い。
ほら、現に今も、

ブゥゥロォオオクゥンマグナムッ!

文字を見ただけで脳内で檜山ボイスに変換されるぜ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

ずっとガオガイガー

ずっと、ガオガイガー見てた。
しかし…

9話から無いとは…(どこにとは言わないが)

このあがったまんまのテンションはどうしろというんだ!


Ps.
ディバイディングドライバーが物を壊さないためにあるのだということを初めて知りました。
ただ、自分が戦うスペースを確保するためだけだと思ってました。
勇者王、獅子王凱を見くびってました。
勇者は確率論すら捻じ曲げるのですよ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

世にも奇妙な物語ぃみた。

世にも奇妙な物語り見た。
毒が戻ってきて昔の世にも奇妙な物語が好きだった僕としてはうれしい限りです。
突如として日常に紛れ込んでくる非日常。
いいわぁ。
ラストがグットエンドじゃないと更にいいわぁ。
ドツボにはまり込んで終わりだとたまらない。

電車のヤツが以外に好きでした。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

アニメ祭り『うたわれるもの』

今日はうたわれるもの見た。
ゲームでは女子供を戦いに出したりと色々腑に落ちないのがあったりして気になって僕の中では微妙な位置にありましたがそれが良い具合に解消されててとても良い出来でした。
クーヤんところのでかい甲冑がエヴァっぽかったりしたのも受けた。
つうか、ゲンジマル肉片w
それよりも…

bena.jpg

ベナが人間なんだが…
これはベナが人間最後の生き残りと解釈してよろしいのか?
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

アニメ祭り『ZEGAPAIN』見た

自力アニメ祭りで『ZEGAPAIN』を見た。
・・・コレ、ヤバイ面白くね?
多分、今まで僕が見たアニメの中では1位…だと思われる。

内容も熱血、友情、カッコイイ死に方、人類のピンチ、平行世界(微妙に違うが)、ループする世界とか僕の大好物のばっかりあるから当然か…
千葉が舞台ってものプラス要因だな。
「ここの場所知ってる」ってなるのがいいな。
あと、幼馴染が近年稀に見る最強っぷりでした。
いろんな意味で。


Ps. 僕はロボ好きかと思われがちだが別にロボが好きというわけではない。ロボが…兵器がある雰囲気が好きなんだ。カミングアウトすると正直ロボ自体にはあんまし興味が…。
posted by しらかば at 22:27| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

アニメ祭り『VAVDRED』

今日はVAVDRED1期&2期を見た。
感じとしては逆セイバーマリオネット。
男だらけじゃなくて女だらけ。
どこのエロアニメだって感じに。
つうか、絵が機動戦艦ナデシコっぽいですね。

何で漢の星の方が技術力が低いんだ?
…いや、あの外装とあのコクピットの方が漢らしいからなのか?
でも、しょっぱなから負けまくりだったし…

まあ、兎に角僕は一番槍なあの方に惚れ惚れでした。
タグ:VAVDRED
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

アニメ祭り開始『機神咆吼デモンベイン』。

アニメ祭り開始。
今日は機神咆吼デモンベイン。
あまりに出来が悪くて見る気失せて投げ出してたアニメです。

…やっぱり微妙すぎました。

演出がしょっぺぇよッ!
デモンの醍醐味である燃えがねぇッ!!
ラストのところのリベル・レギスとの死闘が死闘って感じが全くしない。
このアニメの監督はスーパーロボットの燃えがわかってないぜ…
嘆かわしいことだ。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

乙女は僕に恋してる見た

乙女は僕に恋してる見た。
そして、見終わった。
最近は久々に真剣にオタクしている。
みんなも見習うといいよ。

まあ、面白かった。
これは良い馬鹿アニメでした。
ほめ言葉ですよ?

だが、足りない…
このアニメにはつっこみ役必要不可欠だったんだ…。
主人公(漢)の乙女っぷりにつっこんでくれる猛者が必要だった。
つっこんでくれる人さえいれば…
絶対笑えるアニメになった…
おしい、非常に惜しいよ。

それにしても流石もとエロゲ。
ありえないおかしな作りの制服です。
この制服は太ってる人には拷問ですね。
太ってる人が出てくるのをわくわくしながら待ってたんだが…
この学園には太ってる人が1人もいないようで…
酷くがっかりでした。


Ps.ヨダ絵が…神です。
posted by しらかば at 00:00| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。