忍者TOOLS
アクセスカウンター
まっぱしらかば。日誌: 異国迷路のクロワーゼ

2011年09月08日

異国迷路のクロワーゼ

異国迷路のクロワーゼを見てみた。
主人公がここ数年のうちで一番イケメンであった。
湯音もここ数年のうちで一番小動物である。
異文化交流というのは面白いなあ。

見ていて感じたのだが多分、湯音が他のひらがな4文字系みたいなアニメに迷い込んでも全然、光らないんだろうな。
間違いなく何かのフィルターがかかっている。
思うに現代の日常から遠ければ遠いほどキャラクターの美徳がブーストされる傾向にある気がする。
・・・・・・あ、これは一般的ではないのかも知れない。
邦画が気持ち悪すぎて見られないというのと同じ種類のものかも知れない。
僕はどれだけ日常がきったないものだと思ってるんだ・・・・・・
というか、本当に他の人は現代の日常から遠ければ遠いほど正義という、この趣向ないの?
無いとしたらどれだけ日常に夢を持ってるというのだ・・・・・・
posted by しらかば at 23:29| 神奈川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
"よつばと!"は現実。
Posted by おやかた at 2011年09月21日 01:43
物語で現実は、ダメ!絶対
Posted by しらかば! at 2011年09月28日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/225069625
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。